アイキャッチ

勝共連合が右翼団体を籠絡した恐るべき手法 『噂の真相』93年8月号から

あまりゴッソリ転載するのは気が引けるのだけど、かなり興味深いことが書かれているのと、その割に知られていないようなので起こした。いわゆる「天皇拝跪事件」によって、かつて右翼団体周辺で高まりかけた反勝共連合・統一教会(現:世界平和統一家庭連合)の気運を、教団がどう押さえ込んだのかなど。尚、記事中の久保木とは日本統一教会初代会長だった久保木修己のこと。

(略)
.
勝共連合結成当時から、早稲田大学において原理運動に身を浸し、その後、統一教会の合同結婚式(777双)に参加し、最近まで勝共・統一教会の両面にわたって幹部として様々な活動を行ってきた、Wは当時の状況をこう語る。

「岸(信介)さんは、私たち若い部員を、“熱意の塊”と称していましたが、正に、何か熱に魘されたような感じで日々の活動に身を焦がしていました。世の中を変えることの出来るのは、我々しかいない、一種の選民思想といいますか、選ばれたものの優越感があった。政治も経済も私達の活動如何でどの様にもなる、と本気で思っていました。だからこそ、右翼活動家の所にも、また、ヤクザ関係者の所にも、平気で行って交渉が出来たのだと思いますね。今から考えると、身も凍るようなことですが……。しかし、多くの然るべき人が、例えば、勝共中央後援会の役員になっていたりしていましたので、まだ若かった私などはもうそれだけで何か、大きな力を背中に背負ったような気がしたものでした」

こう言って、Wは力なく笑った。

このWの言葉のなかで、幾つか注目すべき点があることにお気付きであろう。その一つは、Wが右翼関係者あるいはヤクザ関係者の所に交渉に行った、と述べていること、もう一つが、勝共中央後援会なる組織の存在である。

●右翼・暴力団との密接な関係

勝共連合はその組織拡大のなかにおいて、右翼関係者やヤクザ関係者との関係性を非常に巧緻な手法で行った。政界に隠然たる力を有するためには、やはり同様に政界に隠然たる力を持っているこれらの組織との折衝は回避出来得ない課題である。これを、勝共連合はWのような部員を前面に押し出しながら、さらに折衝の根幹に関わるところは幹部が自ら赴いて相手を説得するという、多面的な工作で臨んだ。この方法論は、現在においても、いや、今後においても形こそ違え継承されていくだろう。相手によって、幾つもの部隊をそれに当てる、そのために新しい組織を作り出し、その部員を集めるといった方法論である。

当時弄した工作は、具体的に次のようなものであった。

1984年に「文藝春秋」7月号に発表された、世界日報元編集長、副島義和による『これが統一教会の秘部だ』という暴露記事が右翼団体の間で大変な反響を呼んだ。この副島論文によって、「統一教会・勝共連合の反日的反皇的実態が明らかになった」(84年8月に関西右翼団体連盟が久保木会長宛に送付した文書より)として、勝共連合批判活動を行ったのだ。それは、副島論文中にある、「勝共連合は、米国在住の文鮮明に対して、毎月二十億円を献上している」という件に着目したからだった。

こうした右翼からの批判を、勝共は巧みにかわす。

各大学の原理研に属する若手部員、統一教会員を駆使して、各右翼団体の活動に積極的に、無償で参加させた。そこで、各地の街頭宣伝活動、企業からシノギを受け取る、といったようなことを若手勝共部員、教会員に自ら買って出させるようにしたのである。

「時には、警察とのこぜりあいの先頭に立たされたり、右翼団体間の調整役のようなことまでやらされました。まあ、ほとんどが身の危険を感じるような仕事でしたね」(前出・W)

これと同時に、勝共幹部は、右翼団体の中枢に、積極的なアプローチを図っていく。まずは、元々勝共とは近しい存在であった、極東民主同盟会議(大阪)を、各右翼団体との仲介役に立てて、問題解決の折衝を求めた。これには勝共中央本部組織局長(当時)、佐藤健雄があたった。久保木始め、最高幹部は右翼からの批判の根幹に、勝共からの資金供与の要請があることを見抜いたうえで、それへの具体的対応に動いた。そこで、「国際勝共連合反共運動推進支援会」なる団体の設立を画策した。そして、この支援会設立に関して、次のような要項を盛り込んだ上で、各右翼の同意を求める運動を始めたのだ。この要項とは、①勝共連合は、同支援会結成の最初の月に、同支援会に対して三千万円を、以降、毎月一千万円を拠出する、②今後、勝共連合の運動を妨害しないほか、勝共連合と統一行動を実施する、という内容であった。先述したWの言葉に出てくる、勝共中央講演会というのは、この「推進支援会」を更に強化させるために結成されたものなのである(代表・渡辺銕蔵=元東大教授、幹事長・吉松正勝=勝共連合顧問、そして顧問には、笹川了平=大阪日日新聞社社主、畑時夫=民論社社長などの名前がある)。この辺りの、相手の要求するところを巧みに取り入れ、さらに、自らの活動を支援させていくというようなアメーバー的な折衝の仕方には、舌を巻かざるを得ない。人材も金も慢性的に不足している右翼団体の在り方を十分研究した上で、こうした対処を施していく、勝共一流の方法論といえよう。

結果的に、この「国際勝共連合反共運動推進支援会」には、以下の主要十三右翼団体が名を列ねることとなった。

関西協議会、三曜会、菊水連合連絡会、大日本民族連合評議会、八紘会、国民政憲党、新日本青年憂政会、亜細亜民族同盟、興風社、大日本赤誠会兵庫県本部、一穂会、皇道青年連盟、極東民主同盟会議。

錚々たる名前がこの支援会に名を列ねた、といって差支えないだろう。因みに、八紘会は後に、日本皇民党を結党するあの稲本虎翁が参加していた団体である。これ以外にも、例えば、久保木は、勝共幹部、並びに、若手総動員で、「天皇在位六十年」の「奉祝パレード」(86年11月10日)に参加するなど、表向き右翼団体の勝共連合に対するコンセンサスを得ながら定着させるような、おもねり戦法を打ち出したりもしている。このパレードには、1500人の勝共・統一教会員が参加、先頭には、久保木会長を始め、当時勝共の理事長であった、梶栗玄太郎、副理事長であった、横井勉らが立った。梶栗、横井の名は、その後も勝共・教会絡みの事件でしばしば取り沙汰される。いわば、勝共・統一教会の大幹部である。まさに、あの手この手の、集中的な籠絡手法である。これだけの包囲陣のなかでは、如何なる団体も、陥落せざるを得なくなるに違いない。現に、右翼団体からの、その後の勝共批判はなくなっている。

この右翼団体攻略のなかにおいて、極めて重要な事項について触れなければならない。恐らく、この事項が最終的な決定打となって、勝共・統一教会と右翼団体との現在までの関係が保たれているといえるからである。

この右翼対策を行っている間に、久保木会長は、水面下で、右翼団体とはまさに陰と陽の関係にある、暴力団組織への擦り寄りを模索していた。人的、資金的、表立ってはなかなか実証が掴めないが、暴力団関係者の喉元を握ると、自ずとその先に右翼団体が姿を現す。この反対も然り。そこで久保木は、ある組に白羽の矢を立て、そこの組長に、接近していく。その結果、久保木は、その組長とは兄弟盃を交わすこととなる。これは、当時、世界日報で号外まで出して、大々的に扱われたが、余りに反社会的な行動ということで、忽ち勝共・統一教会内で、その号外を回収するという愚挙となった。

その組長とは、武闘派組織として知られていた柳川組組長・柳川次郎である。柳川の秘書には、あのイトマン事件で、日本経済新聞記者に1千万円を渡したといって騒がれた、小早川茂がいた。この、“兄弟盃”のお陰で、勝共・統一教会は、暴力団からの攻撃からも逃れられるようになった。そればかりか、勝共批判に対する暴力装置としての役割をも暴力団に受け持ってもらうようになる。

(略)

『噂の真相』1993年8月号 54~56頁

さすがに全文丸々載せるわけにもいかないので、前後を読みたい方は古本を買うなり国会図書館へ行くなりして確認してほしい。大宅壮一文庫なら巻号とページを指定すれば記事のコピーを送ってくれます。たしか「WEB噂の真相」でバックナンバーを買えたけど先日閉鎖されたようなので。

それにしても過去の『噂の真相』をめくると、右翼やらカルトやら菊のことやらが赤裸々に書かれていてたまげる。最近何かと話題の日本会議絡みでも、生長の家が日本青年協議会を結成したことや高橋史朗が生長の家の信者だということなんか、今から20年も前に書いていたり早い。

この『噂の真相』の流れを汲むのがネット媒体の「リテラ」なんだけど、日本会議の研究者こと菅野某が「リテラ」にやたら噛みつく理由は、この辺にあるのかなぁと思ったりした。こっちは意識していないのに妙にライバル心剥き出しで接してくる人っているからね。某は自分と同じく日本会議を研究する山崎雅弘氏にもツイッターで粘着している模様。

ここで「天皇拝跪事件」を知らない人のために簡単に説明すると、統一教会内に幹部信者を天皇陛下や米大統領などに見立てて教祖・文鮮明に跪かせる秘密の儀式があることが漏れ、それを知った右翼が激怒したという事件。ただ、文鮮明亡き今となってはこの儀式もできまい。

記事(転載箇所)の本題である、教団が右翼団体を懐柔した手口にも驚くが、岸信介からの激励の言葉1)1970年8月11日、岸は「勝共連合の諸君の溢れるような熱情と実行力とに心打たれた」などと勝共連合本部にて挨拶。下はそのときの写真。岸_1970.8.11Photo:Tparents.orgを受け、信者Wが選民意識や優越感を感じたと語っているところも気になる。大物政治家がひとたび新興宗教と関係を持つと、信者の心境にはこんな変化まで齎すのだから侮れない。

» Home

脚注   [ + ]

1. 1970年8月11日、岸は「勝共連合の諸君の溢れるような熱情と実行力とに心打たれた」などと勝共連合本部にて挨拶。下はそのときの写真。岸_1970.8.11Photo:Tparents.org